黒の宇宙の星と希望

基本は、遊戯王ネタ(アニメDM・GX・5D’sやマンガ、ゲーム)中心。たまに、暴走あり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

遊戯’s バースデイ!

遊戯の誕生日記念に、小説書いてみます!
王様帰還&実体化設定。たぶん、2人ともプロになってると思います。










「なぁ、杏子。相棒の好きなものって知ってるか?」
「どうしたの?急に。」
「もうすぐ、相棒の誕生日だからな。何かあげようかと思って。」
「ああ、それで。よく知ったね、遊戯の誕生日。」
「じーさんから聞いたんだ。せっかくの日なのに、なにもあげないわけにもいかないだろ?」
「そうだね。うーん、今、あなたがほしいものをあげたら?二人とも似てるから、好みとかも少しは、似てるんじゃないかなぁ。」
「別にほしいものなんてないぜ。」
「それなら、カードは?いろいろ新しいカードも出てきてるし」
「それがいいかもな。ありがとう杏子。じゃあな。」

ピッ
(さて、相棒に遅れるって電話しないとな。あいつ、遅いとすぐに電話してくるし。)

すぐに、遊戯に連絡をする。遅れる理由を聞かれるのを振り払うのに一番苦労した。


そして当日――

「相棒!誕生日おめでとう。ほら、これ誕生日プレゼント。」
「えっ?!なんで君が知ってるの?」
「じーさんから聞いた。変か?おれがプレゼントを渡すなんて?」
「ううん。すっごく嬉しいよ!ありがとう、もう一人の僕。開けてもいい?」
「いいぜ。」
遊戯が袋を開けると、OCGカードパックが出てきた。
「新しい弾が出てな、これがいいかなと思って買ったんだ。」
「へー。見たことないカードとかたくさん出てるんだね。ほら、遊星君が使ってたチューナーモンスターとかもあるよ。」

(とりあえず、カードを買ったけど、本当は好きな物とかほしいもの、いろいろあるんだろうなごめんな)

「それじゃあ、僕からのお返しね。あっちの部屋にいこ。」

パーンパン

「2人とも誕生日、おめでとっ!」
「杏子?!それに城之内君もなんでいるんだ?」
「君に内緒で計画してたんだ。君も一緒にお祝いをしようってね。」
「……その…ありがとな」
「遊戯はいっ、プレゼント」
「みんな、ありがとう」
もう一人の遊戯は思わずほほ笑んだ。


「今日は楽しかったね!また来年もやりたいね。」
「ああ。…なあ相棒。相棒が本当にほしいものって何だ?」
(おれはたくさんの大切なものをもらってる。いつもこうしてみんなと入れる時間、それだけで十分なんだ。)
「うーん。僕がほしいものはね、こうして君と話していられる時間かな。」
「そうか。なら約束するぜ。来年もこうしているってことをな。」
「絶対だよ。」
「ああ。約束だ。」
そう言って二人は、指切りをした。

―終わり―







後半は、自分が何を書いているかわかんなくなっている状況に陥ってる。どうしたらいいんでしょう?
初小説はどうでしょう?リクは、応えら得る限りで頑張りたいですが…。
ご指摘等あるとうれしいです。

最後に、Happy Birthday 遊戯!!
スポンサーサイト

小説 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ごめんなさい!! | ホーム | コメ返のターン!>>

コメント

小説、読ませていただきました。大変、面白かったです。
王様が現世に戻ってきて、実体化し、遊戯がつねに二人いる設定はなかなかいいと思います。

僕個人としては王様が相棒にあげたパックの種類が気になります(笑)

王様は、現世に戻ったあとは、杏子とはどういう関係になったのかなぁとも思っちゃいましたww

あと、書き間違い(?)と思われるものが幾つかあったので書いておきます。
「遅れる」が「送れる」になっていました。闇遊戯が相棒に電話するところです。
もう1つは「ごめんな」が「ごなんな」となっていました。闇遊戯がプレゼントを渡したときです。

次作も期待しております(^_^)
では( ^^)Y☆Y(^^ )
2010-06-05 Sat 11:01 | URL | ブレイカー [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。